ライフスタイルの提案Life Style

狭小間口に対応する空間設計

狭小地でも「階層空間」で快適な暮らし。
狭い間口の狭小敷地において、光の取り入れ方や無駄のない空間活用、そのための空間構成の工夫はとても大切です。
「多階層構成」で、心地良さと個性にあふれた暮らしを実現します。
01

光を取り入れる工夫

狭い間口だからこそ、少ない日照の北陸では窓の取り方や空間構成による採光計画が大切です。
光を取り入れる工夫|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム
開放的な吹抜けや光を取り込むインナーテラス|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム

開放的な吹抜けや光を取り込むインナーテラス

開放的な吹抜けのあるリビングでは、ふりそそぐ光をたっぷり感じられます。また、リビング横にコートテラスを設け、暖かな光と四季折々の爽やかな風を取り入れる工夫など、敷地環境にあわせたプランニングのご提案をしています。
02

多階層で生まれる新空間

階層を増やし生まれた空間は、趣味スペースや収納スペースなど、使い方は自由自在です。
多階層で生まれる新空間|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム
多階層で生まれる新空間|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム

1.5階のスキップフロア

スキップフロアは、昇り降りも楽しい開放的な空間。
上下階とのコミュニケーションも自在で、好奇心旺盛なお子様たちのキッズコーナーや、読書や勉強のできるスタディエリアとしても活用できます。
1.5階のスキップフロア|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム
1.5階のスキップフロア|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム

ムダのない空間活用

たとえば、スキップフロア下の空間は、収納スペースやシアタールーム、お子様の遊び場など使い方は自由自在。
狭い敷地でも縦空間の使い方次第で、暮らしがより贅沢に、より快適になります。
03

一段下がったリビング空間

高低差を使った視覚効果で、空間に広がりをもたらし、一層落ち着きを感じられるリビング空間のご提案です。
サンクンリビング|狭小間口に対応する空間設計|石友ホーム

サンクンリビング

周囲の床より一段下がったサンクンリビング。
ソファーのように座る場所が限定されないことや、高低差を使った視覚効果で仕切る事により、一層落ち着きが感じられ、各々が心地良い距離感を保ちながら自由にくつろぐ事ができます。
展示場・モデルハウス来場予約キャンペーン開催中 展示場・モデルハウス来場予約キャンペーン開催中
見学会・イベントはこちら
PAGE TOP

閉じる

×閉じる