ライフスタイルの提案Life Style

敷地をデザインし
光と風と緑を取り入れる
パッシブデザイン

理想の家づくりのためには「敷地を活かしたプランニング」がとても大切です。
お客様の敷地は全てが異なる敷地です。
私たちは、その敷地状況をどうやって読み込むかを非常に重要視します。
「光」はどう入ってくるのか。「風」はどうながれるのか。「緑」をどう取り入れようか。
気持ち良い暮らしのためにとても大切なことです。
01

通風・採光計画

光と風を上手に採り入れた住まい。
暮らしが快適になるだけでなく、光熱費の削減にもつながります。
光と風を採り入れる|敷地をデザインし光と風と緑を取り入れるパッシブデザイン|石友ホーム

光と風を採り入れる

光と風を上手に採り入れれば、冷暖房費や光熱費の削減にもつながります。
例えば、夏は太陽の位置が高く日射しが強くなります。軒の出を深くすれば、日射しを効果的に遮る事も可能。冬は太陽の位置が低くなるので、深い軒でもたっぷりと採光する計画が可能です。また、風の通り道をしっかり計画することで、空調設備の使用を最小限にとどめます。
02

外とのつながり

敷地を活かした外とのつながりにこだわったプランニング。
敷地を活かした外とのつながり|敷地をデザインし光と風と緑を取り入れるパッシブデザイン|石友ホーム

敷地を活かした外とのつながり

敷地をデザインする…その場所に最も適した光や風の取り入れ方や風を室内に呼び込む方法。
例えば、コートテラスを住まいの中心に配すことで、自然を暮らしの一部に。
それは何よりも心地よい空間を実現させるのに一役買う事でしょう。
03

日射遮蔽

夏、冬の日射の高さの違いを考慮したプランニング。
北陸の気候を考慮した採光・通風計画|敷地をデザインし光と風と緑を取り入れるパッシブデザイン|石友ホーム

北陸の気候を考慮した採光・通風計画

冬の晴天率が低く、夏の湿度が全国平均より高い北陸にとって、冬場の採光と夏場の日射遮蔽は必須条件。
また、一年を通して吹く南北方向の通風を利用することは夏場の快適性に有効です。
04

光による空間演出

採光に配慮した快適な空間構成。
北陸の短い日照時間を克服します|敷地をデザインし光と風と緑を取り入れるパッシブデザイン|石友ホーム

北陸の短い日照時間を克服します

窓から差し込む直射日光だけでなく、光の反射を考慮して室内全体を明るい光で満たしたり、明暗のコントラストがもたらす美しい陰影をデザインしたりすることで、心安らぐ「空間」を演出します。
展示場・モデルハウス来場予約キャンペーン開催中 展示場・モデルハウス来場予約キャンペーン開催中
見学会・イベントはこちら
PAGE TOP

閉じる

×閉じる