社長ご挨拶

代表取締役 石灰一友よりご挨拶

石友ホームは、平成元年より本格的に住宅メーカーとして一歩を踏み出しました。
平成25年には創立25周年目を迎え、創立以来、当社を支持していただいた地域の皆様には、深い感謝とお礼を申し上げます。

当社は創業当時から現在に至るまで、多様化するライフスタイルに伴うお客様のニーズに的確に応えることで、 品質の安定した「北陸ブランドの家」を提供し続けてきました。当社が提案する「北陸ブランドの家」は、大きく2つの要素によって 構成されています。
1つ目は「安全性」。住まいに求められる最も大事なことは、そこに住む人の命を守る事だと当社は考えています。 阪神淡路大震災以降、当社は耐震性能向上に力を注いできました。そして東日本大震災を経て、私たちは繰り返し起きる地震の脅威と 恐ろしさを再認識すると同時に、これまで以上に地震に対する対策を強化する必要性を感じています。
2つ目の要素は「快適性」です。当社では北陸の気候風土や風習に配慮した住まいづくりを進め、特に高温多湿な夏期と積雪が多く寒さの厳しい冬期の対策として、北陸ではいち早く高気密高断熱の住まいづくりに取り組んできました。
そんな「安全性」と「快適性」の2つの要素を同時に満たすことができるのが、当社独自のオリジナル工法「ハイペア工法」です。 北陸ならではの気候を考え、約1mの積雪を想定し屋根に約7tの鉄板を設置しての震動実験を、日本で初めて行いました。 石友ホームはこの実験においてハイペア工法の高い耐震性を実証したのです。

また、東日本大震災を契機に、住宅を取り巻くエネルギー環境も大きく変わってきています。 無尽蔵にエネルギーを消費して快適な生活を過ごすのではなく、「安全性」「快適性」に加え「省エネルギー性」にも配慮した、 すべてのトータルバランスがより高品質で成り立つ住まいが求められるようになってきました。 こうした市場の変化を的確に捉え、安全で快適な住まいを提供するべく、石友ホームは日々技術の研鑽に努めております。 さらに、北陸特有の生活スタイルや、豊かな情操を持つ子供を育てようとする教育熱心な姿勢に基づいた住宅の在り方にも、 当社から様々な提案をさせていただいております。 生涯にわたり長い時間を過ごす住宅に、心の充足を求めるのは当然のこと。当社では型にはまったスタイルではなく、 そこに住む人の生活リズムや文化・風習といったものにも細やかに配慮した、お施主様それぞれにマッチした住宅を提案させていただいております。

当社の前身は国内外の木材の製材・輸入販売業。木材に関する知識はもちろん、これまで培った物流ルートやコストダウンに関して豊富な経験を もっており、関連グループ会社には不動産・リフォーム・増改築・分譲住宅と、住まいに関する全ての要望に対応できる組織体制を構築しております。 「最高の品質と心のこもった行動を通じてお客様の満足を追求し、感動を与え、健康で豊かな社会の実現に貢献します」という当社の経営理念が全社員の目標です。 誰もが快適な住まいで長く暮らしたいと願うもの。当社をあなたのパートナーとしてお選び頂ければ幸いです。

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせはこちら

0766-84-6110【受付時間】平日10:00~17:00 (土日祝除く)

フォームからのお問い合わせ

  • サービスについて
  • お見積もりにについて
ページトップ